就職活動

メリットばかりではない!?東証一部上場企業で働くメリットとデメリットとは

【編集部厳選】目的別 転職サービス

サービス説明 公式サイト

For A-career
★20代で就職・転職したいとは思っているが、なかなか一歩踏み出せない方
・内定率36%(業界トップクラス)/定着率96%

・カウンセラーの9割が20代
紹介可能企業数3,000件!希望の転職が叶う!

公式 

DYM就職
★正社員求人100%。ブラック企業は徹底排除
・2000社の優良企業をご紹介

・書類選考なし

・最短1週間でのスピード入社も可能
第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職

公式 

ウズキャリ第二新卒/ウズキャリ既卒
★既卒・第二新卒の内定率、驚異の83%
・書類選考時に企業にご登録者様の強みをアピールする事で書類通過率87%超え

・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策を無制限に実施

・入社した方の生の声を元に入社後の働き方や満足度もお伝えするので、入社後のイメージが湧きやすい
既卒・第二新卒・フリーター、ニートの方はこちら!

公式 

就活生の中には「東証一部上場企業で働きたい」と希望している方がいるでしょう。
東証一部上場企業のような大企業であれば、「安定した将来が約束されている」というイメージがあるからでしょうか。
果たして、東証一部上場企業で働くと、一体どんなメリットがあるのか、一方どんなデメリットがあるのか、詳しく解説します!

東証一部上場企業とはどんな企業

そもそも上場企業とは、自社の株式を発行していて、証券取引所にて株式の売買が可能な企業のことです。
株式発行によって集めた資金を元に、工場を建設する、原材料を仕入れる、従業員に給与を支払う、広告宣伝を行うなど、様々な企業活動を行います。
また、株式を上場するには、証券取引所によって条件が定められていて、一部上場、つまり「東証一部」へ上場する場合は、以下のような厳しい条件となっています。

・株主数2,200人以上
・流通株式数2万単位以上
・流通株式数(比率)上場株券等の35%以上
・時価総額250億円以上

上記のような厳しい条件をクリアしている企業とはどんな企業なのか。
当然、みなさんが知っている、トヨタ自動車やNTTドコモ、ソニー、リクルートなど、有名な企業ばかりです。

東証一部上場企業で働くメリット

研修制度が充実している

東証一部上場企業のような大企業は、自社のサービスやプロダクトの質を向上していくため、様々な研修プログラムを組み、時間をかけて新入社員を育てていくことが多いです。
社会人経験の浅いビジネスパーソンにとっては、非常に大きなメリットといえます。

スケールの大きい仕事に携われる

東証一部上場企業では、大きな資金を投じてビジネスを動かすことが多く、自分ひとりで完結するような仕事はほとんどありません。
誰もが知る巨大プロジェクトに関わる機会もあるため、仕事を通して社会との繋がりを実感でき、大きなやりがいを得ることができるでしょう。

上流工程の仕事を学べる

東証一部上場企業の多くは、いわゆる上流工程の仕事をしています。
下請けとなる企業は、クライアントからの注文を受ける形の仕事をこなすだけになりがちですが、企画やマーケティングなどの上流工程に携わることで、ビジネスの全体像を把握することになります。
ビジネスの根幹に触れることができ、ビジネスの本質的な面白さも感じることができます。

社会的信用が高い

「東証一部上場企業」=「しっかりしている会社」というイメージがあるため、対外的な新規提案や新規獲得営業などの仕事を行う際は、取引先や営業先の担当者から信頼を得やすくなります。
また、東証一部上場企業で働くということは個人的な信用度も高まるため、クレジットカードを発行する際や、ローンを組む際はスムーズになります。
結婚をする際には、相手のご両親も安心して、結婚を認めてくれるでしょう。

福利厚生が充実している

東証一部上場企業は厳しい上場審査基準を満たしているほど、売上や利益の規模が大きいため、当然、そこで働く社員に対しては手厚い待遇となっています。
住宅手当や家族手当のほか、資格取得を支援する手当があったり、昼食補助を出したりする企業もあります。

転職時に有利に働く

前述しているように、東証一部上場企業には一部上場企業でしか経験できないようなスケールの大きい仕事があり、そういった仕事を経験していることは転職時には有利に働くはずです。
採用担当者が知っているような有名企業であれば、職務経歴に関心を寄せるでしょう。

東証一部上場企業で働くデメリット

自分自身の評価がされにくい

メリットでも述べていますが、東証一部上場企業の仕事はスケールが大きく、自分ひとりで完結するような仕事はほとんどありません。
それゆえ、個人個人の評価がされにくいことがあります。
自分が死ぬほど努力をしても、プロジェクトの結果で評価されることになります。

人間関係に疲れやすい

東証一部上場企業ともなると、当然、そこで働く人は何百、何千となります。
出世争いが激しいのは勿論のこと、多くの社員と一緒に仕事をしていかなければいけないため、自分と相性の合わない人間とも上手く付き合っていかなければならず、人間関係に疲れて、退職してしまう人もいます。

仕事に自由がない

東証一部上場企業では個人より組織が優先されます。
自分がやりたいと思ったことが組織の倫理によって跳ね返されることがよくあります。
特に、何か新しいプロジェクトを立ち上げる際、既存プロジェクト側からストップが掛かることもあります。
自分がやりたいことが思うようにできないジレンマを抱えることになるでしょう。

自分の時間を作れない

東証一部上場企業では働く社員の数は勿論、取引先の数も多くなります。
当然、それだけお付き合いの数も多くなり、12月はほぼ毎日、どこかしらの忘年会に顔を出さなければいけない、といったこともあります。
自分のプライベートな時間を作れないことによるストレスも増えるでしょう。

東証一部上場企業でキャリアをスタートさせるのがベスト

東証一部上場企業で働くことのメリットとデメリットを解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?
これまで東証一部上場企業で働くメリットばかりに注目してきた方の中には、意外なデメリットに驚かれている方もいるかもしれません。
東証一部上場企業には一部上場企業ならではの苦労がありますが、一部上場企業でしか経験できないことがたくさんあるのも事実です。
充実した研修制度やスケールの大きい仕事など、若いビジネスパーソンにとっては、東証一部上場企業でキャリアをスタートさせるのがベストといえるでしょう。

【編集部厳選】目的別 転職サービス

サービス説明 公式サイト

DYM就職
★正社員求人100%。ブラック企業は徹底排除
・2000社の優良企業をご紹介

・書類選考なし

・最短1週間でのスピード入社も可能
第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職

公式 

For A-career
★20代で就職・転職したいとは思っているが、なかなか一歩踏み出せない方
・内定率36%(業界トップクラス)/定着率96%

・カウンセラーの9割が20代
紹介可能企業数3,000件!希望の転職が叶う!

公式 

ウズキャリ第二新卒/ウズキャリ既卒
★既卒・第二新卒の内定率、驚異の83%
・書類選考時に企業にご登録者様の強みをアピールする事で書類通過率87%超え

・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策を無制限に実施

・入社した方の生の声を元に入社後の働き方や満足度もお伝えするので、入社後のイメージが湧きやすい
既卒・第二新卒・フリーター、ニートの方はこちら!

公式 

Haloo NAVI
★学生向け内定直結特別選考!
・専任アドバイザーと無料面談

・企業と座談会、企業紹介多数
あなたの就職活動が一気に動き出す!

公式 

MS-Japan
★管理部門特化型エージェントNo.1!
・管理部門職種での業務経験のある方(経理・財務/人事総務/法務/経営企画)向け

・求人4000件以上掲載
管理部門の転職ならこのサービスで決まり!

公式 

転機
★年収800万円以上の求人案件の紹介が可能!
・経営幹部等、ハイクラス・エグゼクティブ人材の転職支援に特化した転職サービス

・ほぼ全ての求人で経営者との直接面談が可能
ハイクラス・エグゼクティブ層のあなたへ!

公式 

20代ではじめての転職が不安な方へ

プロに相談する(登録30秒)